プラセンタ効果でアンチエイジング!

美肌にも健康にも!プラセンタのサプリとスキンケア用品を徹底解説

胎盤に含まれる様々なパワー

現代ほど医学の進歩が著しい時代はありません。そして新しい治療法や医薬品が続々に開発され、今の医学は「万能の医学」と評されることもありました。
しかしながら、残念なことに現代医学でも治せない病気が数多くあるのが事実です。
更年期障害、C型肝炎、アトピー性皮膚炎やぜんそく、神経痛や関節痛、めまいや耳鳴りなどといったような、治療の決め手がない病気がたくさんあるのです。

そんな時に、難治の病気を見事に改善に導いた実績が実証されつつある、「プラセンタの効果」には、いまや期待が多く寄せられています。
このプランセンタとは、哺乳動物の胎盤で、一般に人間や豚の胎盤から抽出されたエキスのことをプラセンタといいます。
そして主に、人間から抽出した胎盤エキスは注射薬となり、また豚から抽出された胎盤エキスは、内服薬や健康食品、化粧品として使われています。

元々、胎盤の薬効は、胎児細胞の成長に必要な様々な栄養成分や活性物質が含まれているということから、古くより注目されていました。
そして1950年に日本で初めて、人の胎盤より抽出されたプラセンタのエキスが入った注射薬が、医薬品として作られ、
そしてそれを使用したプラセンタ療法が、病院で安全に行われるようになったのです。

また胎盤は、1個の受精卵から細胞を、およそ10ヶ月で60~70兆個まで増殖させて、胎児を成長させるものです。
つまりプラセンタに含まれる「細胞増殖因子」によって、老化によって弱ってしまった細胞を活性化させて、
「サイトカイン」によって、免疫力の高い状態に戻すというわけです。
このようにしてバランスの良い健康な体を維持させて、過ごしやすい生活を送るようにさせるのがプラセンタ療法です。

最近のプラセンタ療法は、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー疾患、高血圧、糖尿病などの生活習慣病、
そして慢性胃炎、胃潰瘍、関節リウマチ、さらには、腰痛、肩こりなどの疲労回復や、シミ、美白などといった美容面の方向にまで効果があるとされてきています。

つまり「胎盤」は、最も理想的なアンチエイジング物質と言ってもいいでしょう。

Menu

リンコの体験解説シリーズ

オススメアイテムはこちら