プラセンタ効果でアンチエイジング!

美肌にも健康にも!プラセンタのサプリとスキンケア用品を徹底解説

プラセンタと医薬品の関係

プラセンタは胎盤を使用するために、製造過程においては、非常に厳密な管理体制の下で作られています。
そして医薬品の注射薬は、日本国内において、正常分娩で生まれた胎児の胎盤だけが原料として使われています。

また製薬メーカーは、複数の特定医療機関と専属契約を交わしているので、
安全な胎盤を、安定して入手することが可能な体制が整えられているといってもいいでしょう。

さらには、妊娠入院の際には血液検査を複数回行い、エイズやC型肝炎などの検査をし、感染のない人の胎盤のみが選ばれ、
そして原料として利用しております。
勿論プラセンタ製剤を製造する人に対しても、感染症対策が行われておりますので、安心してください。

またメルスモン注射薬を作る過程は、塩酸の加熱処理として、101℃以上で1時間以上及び、121℃で60分以上の高圧蒸気滅菌を行った後に、
さらに最終滅菌として、121℃で30分の高圧蒸気滅菌が行われます。

そしてラエンネック注射薬を作る過程は、酵素分解法として、121℃で20分の作業を行い、完全にウイルスや細菌は感染力を失わせます。
その上で、医薬品としての無菌試験や動物試験等が行われることにより、製品の品質や安全性が確保されるのです。
ですから、国の認可を受けている「医薬品」としても、その安全性は極めて高いものです。

さらには、医薬品の内服剤や健康食品、化粧品には、十分な安全管理が行われた食用として認められている基準の豚の胎盤を原料として使用しており、
高い安全性を誇っています。
こちらも各原料メーカーによって異なりますが、十分な健康管理や衛生管理体制を行っている農場から原料を収集しているということは、変わりません。

また原料に対する検査項目ですが一般に、オーエスキー病、豚流行性下痢症、伝染性下痢症、萎縮性鼻炎、マイコプラズマ肺炎、豚赤痢、
トキソプラズマ病、サルモネラ、コレラ、スイス感染症などと数多く挙げられています。

そしてメーカーによっては、それ以上に厳しい自社基準を設けているところなども数多くあります。
またこちらも、製造過程の段階で、熱による不活化工程も十分に行っていますので、感染症の心配もなく、品質や安全性の確保はなされているといえます。

Menu

リンコの体験解説シリーズ

オススメアイテムはこちら