プラセンタ効果でアンチエイジング!

美肌にも健康にも!プラセンタのサプリとスキンケア用品を徹底解説

点滴を使ったプラセンタ治療

プラセンタ治療ですが、外面からの治療だけでは十分とは言えない場合があります。
そこで、体の中からの健康を獲得する必要がある場合に最も有効な手段とされているのが、点滴でしょう。

それはこの点滴を行えば、薬やサプリメントで摂るよりも5倍の量は摂取できますし、
また直接体の中に入り込んで働きかけることができるので、さらなる効果が期待できるからです。

そもそもプラセンタ治療は、さまざまな肌のトラブルのみならず、がんの予防にも効果的な治療法として注目されてきています。
そしてプラセンタ点滴療法では、体が本来必要としているものを補うことに加えて、その薬理効果を利用して大量に補充することで、
治療効果をさらにアップさせることが可能となっています。

さらに、体内の血中濃度を期待するところまで上げるためには、薬などでは無理なために、点滴療法に頼ることが一番ともいえるのです。
また「プラセンタは注射しても効果的」のページでも説明をしましたが、このプランセンタは、摂取すればするほどに効果が高まるものです。

具体的には、筋肉・皮下注射の場合は週に1~2回、そして点滴の場合には2週間に1回のペースが良いとされていますが、
受ける人の体質や、その時の体調によっても異なってきますので、受ける際には、担当の医師などとよく相談をして、自分のペースで行ってください。

またプランセンタには大きな副作用はなく、日本でも40年以上使用されている安全なものですが、個人の体質などもあり、一概に安全とは限りませんので、
医師とよく相談するようにして、自己判断はしないようにしてください。

そしてプラセンタ点滴の効果としては、しみや、シワ、ニキビをはじめ、乾燥肌、荒れ肌、敏感肌といった肌質に関するトラブルや、そして肌の老化など、
さまざまな肌のトラブルに対して効果を発揮することがわかっています。

また通常プラセンタ注射は1~2アンプルを1回の治療で使用しますが、もっと高い効果を得たい人や、なおかつその治療効果の持続性を高める目的で、
3~4アンプル注射を行うことがあります。ちなみにこれは高濃度プラセンタ点滴という、一段階上のプラセンタ点滴療法として知られています。

またその他に、通常にんにく注射で使用されるような、各種ビタミンを混ぜ合わせた点滴も用意されるようになりました。
そして、このにんにくプラセンタ点滴や、美肌プラセンタ点滴などにより、プラセンタの即効性をさらに高めることが可能となっています。

Menu

リンコの体験解説シリーズ

オススメアイテムはこちら