プラセンタ効果でアンチエイジング!

美肌にも健康にも!プラセンタのサプリとスキンケア用品を徹底解説

月経困難症とプラセンタ

月経困難症とは生理痛と呼ばれているもののことをいいます。

「月経不順とプラセンタ」のページでも説明をしましたが、
ホルモンバランスの乱れによって起こることが原因ともいわれています。

月経困難症は正式に分ければ2種類に分類され、
まず生活習慣や体質等が原因の「原発性月経困難症」と、子宮に関する病が原因の「続発性月経困難症」になり、
ホルモンバランスの乱れだけが原因なのは「原発性月経困難症」に当たります。

月経困難症は月経時に下腹痛、腰痛、頭痛、吐き気などの症状がでることが多く、
子宮内膜でつくられるプロスタグランジンという物質が、過剰に分泌される事が原因とされています。

プロスタグランジンはホルモンに似た物質で、血管の拡張、血圧の上昇または降下、内臓筋の収縮等を行うと共に、
子宮の収縮も行うのですが、この物質の量が過剰すぎると子宮の収縮もその分強くなるので、月経困難症の症状につながることになるのです。

プラセンタには様々な効果があり、特に血液循環をよくしてくれる作用があるため、
「原発性月経困難症」の場合には効果があると言われているのです。

「続発性月経困難症」の場合、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などが発症しているために、
これらの病気が子宮やその周りを圧迫、刺激するために月経困難症が起こってしまいます。

「原発性月経困難症」なのか、「続発性月経困難症」なのかを判断するには病院で診察を受けなければ分かりません。
医師の内診や検査、超音波断層法等で子宮に疾患があるかないかを確かめる必要があるからです。

「続発性月経困難症」ならば、プラセンタで症状を良くするのは難しいと言えますので、病院での治療を優先させるようにしましょう。

しかし「原発性月経困難症」の診断がなされた場合には、プラセンタでも治療は勿論ですが、同時に崩れたホルモンバランスを治せるように心がけてみましょう。
バランスのいい食事を摂り、ぐっすり眠るのは現代社会では難しいかもしれませんが、月の数日間、襲ってくる苦しみに対する備えにしてもいいのではないでしょうか。

Menu

リンコの体験解説シリーズ

オススメアイテムはこちら