プラセンタ効果でアンチエイジング!

美肌にも健康にも!プラセンタのサプリとスキンケア用品を徹底解説

プラセンタは骨粗しょう症にも効果的?

更年期障害の症状の一つである骨粗鬆症とは、骨が形成される速度よりも、骨の吸収速度の方が高いことにより、骨の中に小さな穴が多発して、
中身がスカスカになってしまう症状をいいます。そしてこの症状は、近年では認知度も高いので、ご存知の人も多いでしょう。

そもそも骨粗鬆症の原因は、カルシウムの摂取不足だと考えられがちですが、
実は他にも、「エストロゲン」とよばれる女性ホルモンの減少があるといわれています。

また閉経後の女性は、「エストロゲン」が激減してしまうために、男性よりも女性の方がなりやすいといわれており、
とくに女性にとっては、この骨粗鬆症が大きな問題となっているのです。

しかし、プラセンタを使用すると、プラセンタの作用の一つである内分泌調節作用によって、減少してしまった「エストロゲン」の分泌を促して、
閉経後のホルモンバランスが整えられることにより、骨粗鬆症を予防したり、改善する効果が期待できるのです。

そもそも骨粗鬆症は、骨を形成する成分であるカルシウムが失われ、骨の密度が低くなることにより骨が弱くなりその結果、背骨が曲がってしまったり、
また骨が折れやすくなるといった症状を引き起こすことで有名でしょう。

また骨粗鬆症の人が、骨折しやすいといわれている部分の一つに、大腿骨頸部(腿のつけ根)があるのですが、特に高齢者にとっては、
その部分の骨折がきっかけとなり、寝たきりになってしまう例も多くあります。

そして現在、骨の密度である骨量の維持にはこの「エストロゲン」が、とても重要な働きをすることが確認されており、
閉経後に「エストロゲン」が激減すると、骨量が大量に減少していくので骨粗鬆症が起こるとされています。

そこで先程も申し上げた様に、このプラセンタを利用することで、「エストロゲン」の減少が緩やかになり、
その結果、骨粗鬆症の予防や改善の効果が期待されているのです。

また反対に、プラセンタを使わない骨粗鬆症の治療の方法は、食事療法と運動療法を行いながら、さらに薬を使用するのですが、
その骨粗鬆症の治療薬には、どの薬にもなんらかの副作用があります。
しかしプラセンタには、副作用がほとんどないことからも、骨粗鬆症の治療薬として、安心して使うことが出来るのです。

Menu

リンコの体験解説シリーズ

オススメアイテムはこちら