プラセンタ効果でアンチエイジング!

美肌にも健康にも!プラセンタのサプリとスキンケア用品を徹底解説

肝臓の病気に困ったら

肝臓の病気に関しては、「病気に合わせたプラセンタ治療」のページでも説明をしましたが、
保険が適応される治療を行うことができます。

その方法として、プラセンタ配合の治療薬の「ラエンネック」と「メルスモン」のみが認可されており、
これらの治療薬を注射することにより治療がされていくのです。

プラセンタは、体のあちこちの機能を錆びつかせる原因となる活性酸素を除去する効果をもっています。
活性酸素とは、呼吸によって体内に入る酸素や、紫外線が原因で発生するために、誰もが体内に活性酸素を当たり前のように抱えています。
しかしその活性酸素が、肝臓に直接影響を及ぼすことになるのです。
というのも、体内に取り込まれた酸素の30~50%は肝臓で使われているからです。
酸素をより多くとりこむことは、その分だけ活性酸素も発生します。
活性酸素によりダメージを受けてしまうと、栄養を提供したりすることや、有害物質を分解する機能が働かなくなってしまうのです。
若くて正常な肝臓には、抗酸化作用があるので問題はないのですが、年齢とともに抗酸化作用も弱くなったり、
肝臓の病気にいたっては外からの手助けが必要となります。

プラセンタに含まれているという肝細胞増殖因子は、肝臓以外にも、ほぼすべての臓器の細胞が壊死するのを防ぎ、修復及び、再生させるといわれています。
「活性酸素除去」の作用と「肝細胞増殖因子」を持っていますので、かなり広範囲の病気に効力が発揮されるのです。
プラセンタの治療薬によって肝臓を正常にしていきます。
またプラセンタは活性酸素を体外に排出し、肝障害を予防するという効果があるために、普段から予防の意味で、プラセンタのサプリメントなどはお勧めです。
ただの薬としてもらうのは残念なことに保険が適応されません。
しかしながら肝臓の病気になってまで保険適応内に入りたくはありません。
そういう意味ではサプリメントによる予防は、他にも様々な効能を体にもたらしてくれるといってもいいでしょう。

Menu

リンコの体験解説シリーズ

オススメアイテムはこちら